日本の伝統行事の一つ|羽子板は初正月には欠かせない

お得な購入方法

男の子

品質の良いランドセルを少しでも安く購入するためには、早期購入割引を利用することがおすすめです。早期購入割引に間に合わせるためには、春ごろからランドセルの検討を始めるのがいいでしょう。ランドセルは、デパートや大型スーパー、インターネット通販など様々な場所で購入できます。

Read More..

お気に入りになるように

小学生

女の子用のランドセルを買う場合、色も重視するべきです。昔は赤だけでしたが、今はピンクや水色など様々な色があります。ランドセルを背負いやすいように、フィット感を追求して肩ベルトに工夫をしているかどうかも大切です。

Read More..

初正月に用意する

羽子板

両家で話し合って決める

羽子板とは、女の子が生まれて初めての正月を迎える時に贈る飾り物のことを言います。羽子板は玄関やリビングなどに飾り、女の子の成長と健康を願います。一般的には、子供が生まれた時はお嫁に行った母親の実家からプレゼントしますが、婿に行った場合は父親の実家から贈るものになります。最近では、両家で話し合って決め、費用も折半して購入するというケースが多くなっています。そのため、女の子が生まれたら初正月を迎える前に、両家で話し合って決めることが大切です。羽子板が購入できる時期は短く、11月くらいに購入を済ませるのが一般的です。その後にクリスマスなどのイベント商品の陳列が始まるので、購入時期を逃さないようにすることが大切になります。

サイズは家に合わせて選ぶ

羽子板は、板に着物を着た女性の姿が貼り付けられたものになりますが、素材や色使い、使っている小道具、顔の表情や向きもそれぞれ違います。また、大きさもその商品によって色々とあるので、サイズに関しては家の大きさに合わせながら選ぶのが良いです。玄関に飾るのか、リビングに飾るのかなど、どこに飾るのかを明確にしてそのスペースに合うようなサイズのものを選ぶと良いでしょう。長く飾っていけるようにするためにも、ケースの中に入ったものを選ぶと良いと言われています。そうすれば、汚れることも少なく綺麗な状態の羽子板を維持することが出来ます。子供が大きくなってお嫁に行っても、ずっと使いつづけることが可能となるでしょう。

味わいが出るのが魅力

女の子

ランドセルには牛革と合皮の素材があり、それぞれメリットデメリットがあります。牛革の方が高級で耐久性がありますが、重くなっています。合皮は軽くてカラフルだが耐久性はやや劣るでしょう。選ぶときは、子供にとってどちらがよいかを考えるべきです。

Read More..